>

高齢者に必要なバリアフリー

水回りやキッチン

高齢者のためのバリアフリー化は、まず安全性の確保が必要です。
トイレやお風呂の手すり、滑り止めなどは障害者と同じですが、力が弱くなったり、耳が遠くなったりと、老化に伴ってできなくなること、不自由になることはいくつか同時に起こりますから、合わせて対応できるように柔軟にな改修が賢明です。
とはいっても、都度リフォームしてはコストがかかりますから、ある程度先を予測してまとめてお願いしましょう。
高齢になるにつれて、それまでできていたことがだんだんできなくなっていくわけですから、それを補うようなシステムがあるのが理想です。
キッチンは、ガスから電気に変えたり、高いところの収納をやめたりと、不測の事故につながらないような配慮が必要です。

部屋の構造など

部屋の段差をなくすことや、階段に手すりを設置するといったリフォームが一般的です。
また、体力がなくなってくるので、軽い力でも開閉ができるようなドアや、複層の家であればエレベーターの設置など、体の負担を軽減するようなものを検討すると良いでしょう。
予算やリフォームが可能な構造にもよりますが、できるだけの事はしておきたいものです。
皆いつかは老います。すでに親が高齢で、リフォームを検討する機会がある人も。
バリアフリーの家は、いつかは必要になるものです。
必要に迫られて慌ててリフォームするより、前もって準備できる余裕があれば、様々なケースが想定できて、より確実なリフォームに取り組むことができます。
少しでも助けになる、楽に安心して暮らせるリフォームを目指しましょう。


この記事をシェアする