>

バリアフリーを知ること

あちこちのバリアフリー

社会的には自宅だけではなくて、公共の施設や乗り物にもバリアフリー化が進んでいます。
これは法律で定められているという事もあり、改善されたり意識したりすることが一般化してきたからでしょう。
ノンステップバスや車いすスペースを備えた電車の車両、公共施設の入口にスロープが付いていたりなど、一昔前に比べれば様々な場所でバリアフリー対応しているのを見かけます。
社会的も様々な人が快適に暮らせるような動きになっていますね。
問題にはなっていたものの、積極的に対応するようになり、効果が目に見えてきたのはそれほど昔の事ではないので、今まで不便を感じている人たちはどう過ごしてきたのか、不思議に思うほどです。
これから更に対応が進んで、全ての人が平等に施設やサービスが利用できるようになるといいですね。

必要な場所は?

家の中でバリアフリー化が必要な場所は、特に入り組んでいる場所でしょうか。
狭かったりこまごましたものが置いてあるような場所です。
代表的なところでは、玄関やお風呂場、トイレなどです。
生活するうえで必ず使用する場所ですから、体の不自由な人でも快適に使えるような工夫が必要です。
ハウスメーカーやリフォーム専門業者は、場所毎にバリアフリーの技術を持っています。
一般的なバリアフリー化の他に、住む人によってある程度カスタマイズする必要があるものもありますから、どんな形がいいのかをしっかり検討する必要があります。
いきなり業者にお願いするよりも、希望する形により近づけてくれる業者がどこなのか、まず探すことが大切です。


この記事をシェアする